審査が甘いのはどこ?信販会社、銀行、消費者金融を比較する

買い物をしたい、旅行をしたい、冠婚葬祭や付き合いで急な出費ができた、だけど手持ちのお金では足りない……そんなとき便利なのがキャッシングですよね。無担保、無保証人で借入金の使い道が自由な個人向け融資のことをキャッシングといいますが、キャッシングを行う業者にはどのようなものがあるのでしょうか。

キャッシングと聞いて一番先に思い浮かぶのが、消費者金融かもしれません。来店不要、スピーディな融資をうたう宣伝を目にしない日はないほどです。かつては利率が高いために返済不能、多重債務に陥る利用者が多く、良い印象を持っていない人も多いと思います。銀行より簡単な審査で融資してくれるので、銀行で借りられなくなった人が駆け込むところという印象もあります。

銀行は身持ちの固い人にしか貸さず、それに漏れた人の受け皿が消費者金融。そのはっきりした構図は近年変わってきています。一因は2010年に施行された総量規制にあります。それまで消費者金融の利用者のなかには、返済のためにさらに別の消費者金融、あるいは闇金から借入を繰り返して年収以上の借金を抱える人も珍しくありませんでした。それを是正すべく、年収の3分の1を超える借り入れを禁止する法律ができたのです。

結果、消費者金融と銀行の差は縮まり、両者が手を組む展開にもなりました。消費者金融側からすると、法改正のおかげで経営に影が差し、銀行側からすると、不景気で法人向けの貸し付けが鈍ったので個人客を取り込みたい思惑があったのです。

現在、キャッシングのランキングサイトを見ると、銀行と消費者金融は区別なく同じような商品を提供していることがわかります。金利は銀行の方が低いと言われているものの、その差はわずかなものです。借り方、返し方にもほとんど違いはありません。

では審査は違うのでしょうか?一般に、銀行の方が審査が厳しいために日数がかかり、消費者金融は審査が甘いためすぐに融資してくれると言われていました。ですが最近は銀行でも即日融資をうたっているものがあります。それらに関して言えば、審査にもそれほど差はないと言えます。

また、クレジットカードにもショッピング用途のほかにキャッシング機能が付いているものもあり、それを目当てにクレジットカードを作る人もいるでしょう。クレジットカードに関しては、銀行系が一番審査が厳しく、次が信販系、そして消費者金融系は甘いとはっきりしているようです。ですので銀行系のカードの審査に落ちたという人は、別のカードを作ってしばらく返済実績を積んでから再挑戦するのが有効なようです。