残高不足は即ブラック?金融ブラックリストに載る条件

借り入れに関して、ブラックリストという言葉を聞いたことがないでしょうか。いったんブラックリストに載ってしまうと、どこの会社からも借り入れができない、というような言われ方をします。実際にリストが作成されるわけではありませんが、過去に延滞などの金融事故を起こしたことのある人はそれが信用情報機関のデータとして残り、金融機関の間で共有されます。そのため、初めて申し込む会社からも融資を断られるという事態が起きます。

どんなことをするとブラックリストに載ってしまうのでしょうか。自己破産や過払い金請求などの債務整理のほか、本人ではなく保証人に返済をさせた場合や、延滞も事故として信用情報機関に登録されてしまいます。信用情報機関には、個人の債務に関するいろいろな履歴が登録されています。ここに事故情報を登録されることをブラックリストに載ると言います。それら情報は、延滞と過払い金請求は5年間、債務整理は5年から10年間で消去されます。一般に、自己破産をした人でも7年経てばクレジットカードが作れると言われているのは、このためでしょう。

借り入れをする人にとって、まず直近で気を付けなければならないのが返済の遅れです。ついうっかり入金をし忘れていて残高不足、ということがあります。では残高不足で引き落としができなかった場合、すぐに延滞としてブラックリストに載ってしまうのでしょうか?

入金日に残高不足で引き落としができなかった場合、まず電話やハガキによる督促があります。そして再入金日を指定されます。再入金日までに入金ができれば、何の問題もなく通常の取引が続行されます。再入金日に間に合わなかった場合には延滞となり、カードが使用停止となります。

会社によっても異なりますが、だいたい3カ月延滞してしまうとブラックリスト入りとなるようです。一回、ついうっかりで入金を忘れたくらいでは差し障りありませんので、慌てず行動してください。

自分がブラックリストに載っているか気になる、という方は信用情報機関のホームページをご覧ください。有料ですが、本人の情報を開示してもらうことができます。信用情報機関は複数ありそれぞれ扱っている情報が違いますので、必要な情報がどこに登録されているかを調べた上でご利用になってください。