借金が家族にばれないか心配な人が注意すべきこと

借金というのは個人にとって大きな問題です。場合によっては一人で抱えきれるものではありませんので、重みに押しつぶされる前に家族に打ち明けて協力してもらいましょう。それはできない、どうしても家族には明かせないという方は以下の点に注意してみてください。基本的には、銀行や金融機関からのキャッシングは個人の取引で、家族や勤め先には関係ありません。家族や勤め先に借金の事実がばれて揉め事になるのは貸す側も望んでいませんから、注意点はそれほど多くありません

まず、自宅に郵送されてくる書類に気を付けます。ネットで申し込んだ場合ですと、後日自宅に書類やカードが送られてきます。家族に悟られないよううまく受け取れればよいのですが、自信のない人は無人契約機や窓口に出向いて契約するようにしましょう。業者によっては自宅への郵送以外不可のところもありますので、それを確認したうえで契約します。

また、明細書もあります。毎月自宅に郵送されては発覚するのは時間の問題です。明細書を郵送かウェブ閲覧にするかを選べる場合がありますので、これも契約前に確認して、ウェブ閲覧できる業者を選びます。ウェブ閲覧にできたとしても、家族で同じパソコンを使っていればブラウザの履歴からばれることも考えられます。不安な場合には閲覧履歴をこまめに消しておきましょう。

次に、返済期日は絶対に守ります。滞納すれば督促がくるので、これによってばれたというケースは多いです。うっかり期日を忘れていて入金し忘れることのないように、メールでの通知サービスを利用するのもよいでしょう。ただその場合には、メールを家族に見られないよう気を付けてください。金融会社の名前が入っていなくても、内容で推測できる場合があります。自分しか見ないアドレスに設定し、受け取ったらなるべく早く消します。期日までにどうしてもお金が用意できないという場合には、ダメ元で借入先に相談してみましょう。

カードも、財布やカバンの中など家族に見られる可能性の高いところには保管しないようにします。以上のことは勤め先に対しても同様のことが言えます。隠すと決めた以上は細かいところにまで気を配る必要があります。

もう一つ、これから申込みをする人にとって不安なのが、勤め先への在籍確認の電話だと思います。ですがこれは金融会社の方でもばれないよう気を使ってかけてきますので、それほど心配する必要はないでしょう。

どうでしょう、できそうでしょうか?知られたくない理由は、家族に打ち明ければ怒られるからでしょうか。そうだとすれば、最初に打ち明けるより後になってばれた方が大問題になりそうですが。ただでさえ借金返済は重荷なのに、家族に隠し事を続けるのは余計に精神的負担となります。それでも隠すという方はがんばってください。