まともな金融機関に無審査はない!甘い言葉に要注意!

キャッシングとは、銀行や消費者金融、信販会社から無担保、無保証人で受ける個人向け融資のことです。借入金の使い道に制限はなく、自分の預金を下ろすようにATMから現金を引き出すことができます。とても便利ですが、契約をする際には審査が必要となります。返済が可能かを判断する審査で、定期的な収入があるか、既に借入金がないか、過去に返済を滞納していないかなどをチェックします。

一般に、審査が厳しくて金利が低いのが銀行、その反対が消費者金融と言われています。しかし、どちらも審査する内容に大差はなく、住所氏名などの基本情報の他に、勤務先の詳細や勤続年数、年収、家族構成や持ち家かどうかなどを質問されます。また、申告した勤め先に実際に在籍しているかを確認するため、確認の電話がかかってきます。

審査がある以上はもちろん、借入を断られる場合もあります。2010年に制定された総量規制によって、消費者金融は年収の3分の1を超える額を貸し出せなくなりました。この額は全てのキャッシングを合わせた額なので、年収300万円で既に100万円の借り入れがある人は、消費者金融を何軒回っても断られることになります。ただしクレジットカードでのショッピング分や住宅ローンなどの借り入れは別です。銀行は総量規定の対象外ですが、返済能力を不安視されればやはり断られるでしょう。

総量規制によって困ったのが、既に3分の1以上の借入があった人や、専業主婦など収入のない人たちです。そのため、無審査で融資してくれる金融機関を探す人がいますが、残念ながら正規の貸金業者に無審査のところはありません。もし無審査をうたっているとしたら、高利貸しの闇金業者と見て間違いないでしょう。宣伝には「法に触れない」などと書いてあるかもしれませんが、甘い言葉につられると後悔することになります。

現金を貸す闇金業者とは別に、クレジットカードのショッピング枠の現金化をうたう業者もあります。クレジットカードにはショッピングの限度額というものが設定されています。仮に限度額が100万円だとして、実際に使っている分が10万円なら、まだ90万円分の買い物ができることになります。

現金化の業者の方法はこうです。まず利用者がクレジットカードを使って買い物をします。その品物を業者が買い取る形で、現金を利用者に渡します。買い取り額は最初の購入額から数パーセントを差し引いた額で、この差し引き分が貸金業者にとっての利息にあたります。その後利用者は、通常のクレジットカードでのショッピングと同じように信販会社へ支払いを行います。

現金化業者は、現金化は違法ではないこと、還元率が高いこと(貸金業者でいうところの低金利)を売りにしていますが、惑わされてはいけません。クレジットカード会社はショッピング枠の現金化を禁止していますし、過去には出資法違反で逮捕された現金化業者もあります。実質的には闇金といえるでしょう。また還元率が高いとしても、利用者にはクレジットカード会社への返済が残ります。こちらにも利息があり、延滞した場合にはより大きなペナルティが待っています。

正規の金融機関にキャッシングを断られて困っているときに、無審査の文字を見つけたら飛びつきたくなるのも当然です。ですが甘い言葉を容易に信じてしまうと、後で手痛いしっぺ返しを食らうことになるので気を付けてください。