キャッシングをすると住宅ローンが組めない?銀行員が教える話

キャッシング、特に消費者金融からお金を借りたことがあると住宅ローンの審査に通りづらい、という噂を聞いたことがありませんか?実際、審査をする側の銀行員はキャッシング履歴に対して悪い心証を持っているようです。

利息の高い消費者金融からお金を借りるというのはどういう場合でしょうか。最初から、借金に抵抗がないという人は少ないと思います。借りれば利息が付きます。そもそもお金がないから借りたいのに、さらにおまけをつけて返すのでは、損である上に大きな負担です。消費者金融と取引があること自体、あまり他人には知られたくないでしょう。そんな風に「できれば避けたい」ことをしなければならないのは、よほどのっぴきならない状況にあるからです。

キャッシングは一括返済が基本でした。10万円借りたら翌月に10万円と利息を払わなくてはなりません。お金に困っている人がそれだけ用意するのは大変ですよね。そのため、いざ返済期日が迫ったら、それを返すために別の消費者金融から借りて返す、それを毎月繰り返す悪循環にはまってしまう人がいます。最近ではリボ払いも増えましたが、こちらは返済が長期化しやすい性質があります。実際、キャッシングをする人は一時的に利用するのでなく、長期間繰り返し利用する人が多い、というのが銀行員の実感のようです。

金融機関が共有する信用情報機関のデータには、クレジットカードの利用履歴など個人の債務に関するいろいろな情報が登録されています。そこに延滞など金融事故の情報が登録されていれば審査が通りにくいのは当然ですが、そうでなくても、融資をするかを最終的に判断するのは人間です。過去に延滞をした記録がなくても、今後延滞をする可能性が高いと思われてしまえば、新たな借り入れは難しくなります。

キャッシングをしたのが一時的で、既に完済していれば問題とはなりません。まずいのはキャッシングを繰り返している人です。住宅ローンを申し込んだ時点で別の借入金があれば、両方を合わせた額が収入から返済可能かを考慮されるわけですから、不利になります。また、その時点で借入金や事故履歴がなくても、頻繁にキャッシングを繰り返した過去があれば、こちらも不利になります。住宅ローンを組んだ後にキャッシングをされては、返済が滞るかもしれないからです。

とにかく銀行員にとってキャッシングは心証がよくありません。住宅ローンなど大型のローンを検討されている方は、まずキャッシングを完済することに全力を費やしましょう。