親には頼れない…学生キャッシングという選択

親元を離れて一人で暮らしながら学校生活を送っている学生さんで、お金にはまったく困らない、という方は少数だと思います。親からの仕送りがあるにせよ、奨学制度を受けているにせよ、学校と自活の両立は大変なことでしょう。また、誘惑も多いはずです。趣味にお金がかかったり、友人から遊びや旅行に誘われたり、初めて覚えたギャンブルにはまってしまったり。

趣味や遊びではなく、専門の知識を広げるために留学をしたい、語学やパソコンなどのスクールに通うための費用を調達したい、という人もいると思います。金融機関から使途を特定せずに無担保、無保証人で受ける個人向け融資のことをキャッシングと言いますが、どうしても足りないお金を工面するためにキャッシングを検討している人もいることでしょう。

銀行や消費者金融は、継続的な収入があって返済可能だと思われる人に対してお金を貸します。その点、学生という立場は若干不利な位置づけにあります。一方で、そういった学生を対象としてお金を貸す業者もあります。学生ローン、学生キャッシングと呼ばれるものです。大手銀行や消費者金融が学生向けサービスを行っている場合もありますし、学生をメインターゲットとする専門の業者もあります。

学生キャッシングを申し込むには、学生証が必須となります。限度額は低めですが、金利も社会人向けよりは低く設定されています。それ以外は社会人向けのキャッシングと同じで、審査に通れば簡単に利用できます。親や学校、アルバイト先に連絡が行くことも基本的にはありません。

お金の使用目的は自由です。学費や学校生活で必要なものを買うためだけにしか使えない、という決まりはなく、生活や趣味のために使ってかまいません。返済はリボ払いが多いようで、月々数千円からです。安く感じますが、その分返済が長期に渡る可能性が高いので、必要以上に借りるのはやめましょう。

もし借りるのであれば、業者選びには慎重になってください。学生を狙う闇金業者もいます。どこが人気かはネットで簡単に調べられるので、実績のある銀行や業者を選びます。そして、必ず借りる前に返済計画を立ててください。金融機関のホームページにある「返済シミュレーション」が便利です。

借りる以上は、「まだ社会人ではないから」という甘い考えは捨てましょう。自分がしたことの責任は必ず取らなくてはなりません。もし返済が滞れば、いずれは親に連絡が行きます。そして肩代わりしてもらうくらいなら最初から親に借りればよかった、と後悔するかもしれません。借金を返せないというのは著しくその人の社会的信用を失わせます。最悪、学業や就職活動に悪影響を及ぼさないよう、よく考えてから行動してください。