キャッシング枠とは?抑えておきたい、キャッシングとの違い

大きな出費が続いてお金がない、節約してもやりくりできない、もうお金を借りるしか方法がない……そんなとき、借りる相手として誰を選びますか?お金を借りるというのは、心理的、物理的にハードルの高いことですよね。親に頼るのはできれば避けたい、余計な心配をかけるのもイヤ。友人や同僚に頼めば、今後の人間関係がぎくしゃくしそう。そもそも身近な相手が貸せるだけの現金を持っているとも限らない……となると、金融機関が候補に浮かぶと思います。

金融機関から使途を限定せずに無担保、無保証人で個人向け融資を受けることをキャッシングといいます。借りる方法としては、店舗や自動契約機に出向いて契約するか、ネットで申込みをして口座に振り込んでもらう、もしくはATMから引き出すというのが主流です。即日融資をうたっている会社も多く、とても便利な印象です。

しかし、キャッシングの申込みには必ず審査というものがあります。過去に借金を円滑に返せなかった履歴があれば、いわゆる「ブラック」の状態となり新たに借りるのが難しい、ということは皆さんご存知と思います。ですが、反対に、一度も借りたことがないから大丈夫、と思って審査を受けたらなぜか通らなかった、というのもよくある話です。本当にお金が必要なとき、こうなっては困りますね。また、いくらキャッシングが簡単とはいえ、新たに金融機関と契約するのには抵抗がある方も多いでしょう。

初めてのキャッシングをお考えで、クレジットカードをお持ちの方は、まずクレジットカードのキャッシング枠を確認してみてください。自分の登録情報をネットで見られる場合には簡単に確認できます。もしくは契約時の書類を見てください。利用可能額が設定されていないでしょうか。キャッシング枠は、特に自分で申し込んだつもりがなくてもカードによっては付いていますので、本人が気づかずにいる場合も多いようです。

このキャッシング枠ですが、設定された限度額まで自由に引き出すことができます。改めて審査を受ける必要がありませんので、新たにキャッシングの契約をするより簡単です。返済方法は、普通にクレジットカードでショッピングをするのと同じ場合もあります。そうするとつい同じように考えてしまいがちですが、当然キャッシングの分には利息が付くということを忘れないでください。

簡単に現金が引き出せるので、使い過ぎや、誰かに不正利用されるのが心配だ、という方もいらっしゃると思います。キャッシング枠をなくしたい場合には、カード会社まで連絡してその旨を伝える必要があります。

反対に、便利な使い方として、海外キャッシングが挙げられます。現地の通貨で下せるため、いざというときに役立ってくれるでしょう。ただし、提携ATMでしか使えませんので、海外での利用をお考えの方は渡航先でどのカードが使いやすいかを調べることをお勧めします。