審査基準がわからない!なぜかカードが作れない人の共通点

特に使う必要はないのだけれど、金融機関に勤める友人に頼まれてカードを作ろうとしたら審査に落ちてしまった、なんて経験はありませんか?それまで借入とは無縁で定職にも就いているのになぜだろう、自分は金融機関の信用がないのだろうか……なんて、軽く落ち込んでしまったり。

キャッシングやクレジットカードを作る際の審査に、可不可を決めるはっきりした基準というのはありません。既に借入額の大きい人やブラックリストに載っている人が通らないのは当然ですが、そうではない場合、審査をする人に「この人はきちんと返済をしてくれなさそうだ」という印象を持たれたということです。では、どのような人が審査に落ちるのでしょうか。

まず、ブラックリストについてです。ブラックリストに載るというのは、金融機関が共有する信用情報機関の個人データによくない情報が登録されていることを指します。過去に返済を滞納したことがあれば、滞納が解消されたときから5年間、その記録が残ります。自己破産については5年から10年間です。過払い金請求をした場合にも5年間残ります。

そういったマイナスの要素がなく、むしろクレジットカードを一回も持ったことがないという場合には、実績がないために断られた可能性が強くなります。まだ勤続年数が短い、現在の家に住み始めてから間がない、持家ではない、家族と同居していない、家に固定電話がないという方は、ひょっとしたら借りた後に逃げてしまうかも、という不安を審査側に与えているのです。

クレジットカードの利用歴というのは返済の実績になります。それがないということは、審査側は返済能力を推測できません。申請者が年配の場合には、ひょっとしたら過去に自己破産をしたせいでカードが持てないのかも、と深読みされることもあります。そういった原因にあてはまる方は、もうしばらく勤続年数を伸ばす、家に電話を引くなどしてから再度申込みを行ってください。クレジットカードは会社によって審査の難度にばらつきがあります。作りやすいカードを選んで1枚作り実績を積んでから本命のカードに挑戦するのも手です。

それと基本的なことですが、申請書類に不備があれば却下されます。不備があったので書き直すよう連絡がくる場合もあるかもしれませんが、ただ落とされる場合もあります。後者の理由ですが、申請書類も満足に書けない人間に返済ができるか疑問視された、と考えられます。

そして、落とされたのが不思議だからと言って、別の会社にむやみに申込むことはしないでください。ブラックリストとは別に、申込みブラックというのがあります。短期間に複数の会社に対して申請を行うと、それほど追い詰められた人なのかと思われて余計どこへ行っても審査が通りづらくなります。この記録は6か月間残りますので、再挑戦はそれが過ぎてからにしましょう。