銀行と銀行系ってどう違うの?口コミ人気の会社には2種類ある

どうしてもお金を借りる必要に迫られたとき、借入先は何を基準に選ぶでしょうか。大々的に宣伝をしている金融機関は、どこも同じことを言っているように思えます。そんなとき、口コミサイトで評判を見て決める、という方は多いのではないでしょうか。実際、口コミサイトを見てみると、ランキング上位に並んでいるのはテレビでもよく目にする有名な企業ばかりです。これら有名企業はまとめて「銀行系」と呼ばれることが多いのですが、実はこの銀行系には2種類あるのです。

すなわち、銀行そのものがキャッシングを行っている場合と、いわゆる消費者金融です。昔からある有名な消費者金融の多くが、現在では銀行の傘下に収まっていることをご存じでしょうか。以前は、消費者金融といえば主に銀行ではない貸金業者を指しましたが、その区別はよりあいまいになっています。一口に銀行系と呼ぶ場合、銀行と、銀行の傘下である消費者金融の両方を指す場合が多いのですが、この両者には大きな違いがあります。

2010年に総量規制という法律が施行されました。個人は年収の3分の1までしか貸金業者から借り入れができないという法律です。つまり年収300万円の人は100万円までしか借りられません。これは1つの業者に対してではなく、複数から借りている場合にはその合計が100万円を超えられないという意味です。

ここで問題になるのが、住宅ローンなどの大口の契約です。年収の3分の1という規定があると、誰も住宅ローンを組めなくなってしまいます。そこで、銀行はこの総量規制の対象外となりました。結果、銀行は総量規定を超える金額を貸すことができ、銀行の系列である消費者金融や信販会社は年収の3分の1までしか貸せないという差ができたのです。

キャッシングとは、借入金の使途を特定せずに契約し、限度額内なら何度でも引き出せる貸し方のことです。一方でローンとは、狭義には、特定の目的のために貸し付けることを指します。住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどが代表例ですね。ですが、最近よく「銀行のカードローン」という言葉を耳にしませんか?ローンと付くからにはキャッシングとは別物だろうという気がしますが、これらは実質的にはほとんど変わりがないようです。

特に学生や主婦など収入の少ない方にとって総量規制はやっかいな存在です。これからキャッシングをお考えの方は、借り入れ先を選ぶ際に両者の違いを意識してみてください。